20代の家作り

20代の家作り

20代夫婦の家作りの記録です。同世代でマイホームを建てようとしている方々の参考になれば嬉しいです。

20代の家作り

美味しいコーヒーとビールが飲める家をめざして

差額無しで天井高を2700にする方法

わが家の天井高は2700あります。

 

そしてこの天井高にするのに

 

 

差額は発生していません。

 

 

わが家のようなやり方をご存知の方もいるでしょうが、

 

知らない人のためにさらーーっと紹介します!

 

答えはシンプル

 

f:id:ma-miso:20180214163134j:plain

  

 

天井を仕上げなければいいんです。

 

 

わが家の天井は1階・2階ともに天井を張っていません。

 

そのおかげで構造材が露になって木の雰囲気が出ているのですが、

 

同時に天井高が2700まで高くなっています。

 

 

f:id:ma-miso:20180214164659p:plain

 

立面図でみると少し分かりやすいです。

 

本来は点線部分に天井を張りますが、

 

わが家はここに天井を張っていません。

 

そのおかげで天井が高くなっているという訳で、

 

差額が発生しないというカラクリです。

 

足音はひびく?

 

わが家は嫁様と二人暮らしで、

 

大体リビングにいるので2階の足音は全く気になりません。

 

それでも天井を仕上げていないため、

 

子供がいる家庭では多少は足音が響くかもしれません。

 

まーー天井を仕上げても足音は響くでしょうし、

 

僕は子供がいてもこのような仕上げ方にしていたと思います。

 

照明の配線

 

f:id:ma-miso:20180214170423j:plain

 

細かいことは分かりませんが、

 

上の画像のように全て梁にレールを取り付けていて、

 

配線が剥き出しになることは全くありません。

 

細かい仕上げ方は設計士さんに確認することをオススメします。

 

天井高2700の開放感

 

f:id:ma-miso:20180214170505j:plain

 

 

f:id:ma-miso:20180214170855j:plain

 

 

f:id:ma-miso:20180214170923j:plain

 

 

f:id:ma-miso:20180214171027j:plain

 

 

f:id:ma-miso:20180214171103j:plain

 

写真じゃよく分からないですね。

 

みなさん各々が何かを感じ取ってくれれば何よりです笑

 

さいごに

 

そもそもはコメダ珈琲のような雰囲気を出したくて、

 

天井を仕上げずに構造材を出す事にしました。

 

それによって天井が高くなるなんて知らず、

 

家が出来上がる途中で気がつきました。

 

つまり僕にとっては偶然の産物だったというわけです笑